オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

隠れた性病

握手する

クラミジアは最近とウイルスの間、いわば微生物によって引き起こされる性病のひとつです。感染経路は性交渉に限られていますが、女性の場合には5人に1人は感染している可能性があるといわれる病気でもあります。女性にそれだけ感染してしる確率が高いということは、断線も感染している、あるいはする可能性というのも高いものです。とはいっても初期の段階に気がつくことができれば比較的治療しやすい性病でもあるのです。
症状や悪化に伴う別の病気の発生などもありますが、この性病の最大の難点は、症状に気づきにくいことです。潜伏期間がおおよそ3週間ほどあり、表面に現れたときでも約半数の男性は自覚症状がなく、女性にいたっては8割もの女性が症状が出ないのです。これはどういうことかというと、特定のパートナーを持たない男女であれば、自覚症状のないまま性交渉をしてしまい感染を広げて可能性があるということです。クラミジアにかかってしまうと、HIVなどの感染率も通常から跳ね上がってしまうなど、多くの危険が付きまとってきます。

のどにも感染する

クラミジアは性行為でしか感染しないのですが、性行為は通常のセックスだけとは限りません。オーラルセックスなどでもクラミジアは感染し、しかも症状はのどに現れることがあります。これを咽喉クラミジアといいます。のどに現れる症状は、風邪やインフルエンザなどに似ているとされており、症状があるのが咽喉であるだけに性病だと気づきにくいようです。咽喉に感染してしまうと、ディープキスでも感染してしまうことが確認されているようです。
これも性器のクラミジアと同様に男女ともに症状が出にくく自覚のないまま感染を拡大する要因になってしまいます。そういう時は、平常時には何も起こらなくても、体の免疫力が弱るなどして風邪を引くとクラミジアの症状も一緒に出てくる、ということもあるようです。風邪薬などでは風邪の症状は治まってもクラミジアの症状は治まらないことになります。放置してしまうと、扁桃腺が炎症を起こすこともあるので治療は早めに行うことが望ましいです。